bitcoin on motherboard

‎中国の暗号通貨取り締まりでマイニングは中央アジア、北米にシフト‎

中国北部の内モンゴル地域は仮想通貨のマイニング禁止という規制が発表された以降、この地域のマイニング施設は余儀なく閉鎖された。中国の中に内モンゴル以外のマイニング企業も将来への不安は残る。全世界の仮想通貨のマイニング供給の半分は中国から来ているので、これは世界中のビットコインや仮想通貨の不安要素になっている。

この記事「China’s crypto crackdown speeds shift to central Asia, North America mining」によると中国のマイニング企業は中央アジア、北米へのシフトは進んでいる。以下はこの英文記事から抜粋した要約である。

中国深センに本社を置く仮想通貨マイニング企業【BIT Mining】は5月24日に発表した声明の中で、カザフスタンに拠点を置く企業と暗号通貨マイニング用データセンターに共同で投資する契約を締結したと述べた。‎

2020年に暗号通貨のマイニングルールを明確にしたカザクスタンは、マイニング産業が自国経済を後押しすることを望んでいる。

エネルギー資源が豊富で安価であるカザフスタン、カナダ、北ヨーロッパなどの国は、仮想通貨に対する政策は明確で予測可能である。

北米や中央アジアのような場所は、電力供給と政策支援の面で利点があり、より多くの中国のマイニング企業が海外にシフトすると予想される。‎


完全無料の仮想通貨税金計算サービス【CRYPTACT(クリプタクト)】




コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。