仮想通貨収入の税金概算

以下を数字で入力してください

この税金概算ツールは仮想通貨(暗号資産)収入が出る場合、どのぐらいの税金で取られるかを大まかに計算できる。現在日本の税制は仮想通貨取引に非常に不利な状態で、自分はどのぐらい税金を納めるかを把握し、またはどのようにすれば税金を減らせるか、仮想通貨取引上すごく重要なことである。

仮想通貨(暗号資産)の損益計算は移動平均法と総平均法2種類の計算方法があり、一年間の売買履歴を用意して計算することになるので、件数が多くなると結構手間になる。

面倒な仮想通貨の損益計算を全自動で【CRYPTACT(クリプタクト)】

取引記録をアップするだけで自動で税金計算【仮想通貨損益計算のCRYPTACT(クリプタクト)】

以下はこのツールを使う際の注意点。

  • こちらのツールはあくまでも概算となりますので税申告などには使用ないでください。
  • 【仮想通貨以外の課税所得額】 給料等の収入額、または前年度の課税証明や源泉徴収票、確定申告などから概算を入力してください。
  • 住民税は税率10%として計算されている。実際には自治体によって少し差がある。例えば、神奈川県の住民税は10.025%、名古屋市の住民税は9.7%となっている。(2021年3月現在)
  • 住民税の所得控除額は所得税と同じにしている。実際には住民税の所得控除額の方が小さい。例えば、配偶者控除、扶養控除、基礎控除は住民税のほうが5万円ずつ少なく、結果的に住民税額は高くなる。
  • ふるさと納税等による住民税税額控除が含まれていない。
  • 2037年(令和19年)までの復興特別所得税額は、所得税額の2.1%として含まれている。

共有:

ご意見をお聞かせください