コピートレードとは?

仮想通貨のコピートレードとは?

2021年8月18日作成

仮想通貨の取引を始めましたが何を買うか、どんなタイミングで買うか?…と悩んでいる人はあなただけではありません。
プロの人達はどうやって取引をしていますか?実際に勝っている人達は何の仮想通貨をどの様なタイミングで売買していますか?
興味を持った事は一度ぐらいはありますよね?

当記事を読みいただき、コピートレードに興味をお持ちなら、当サイト(price-btc.com)限定の特典情報が当記事の最後に掲載されています。

コピートレードとは?

プロトレーダーの取引をコピーし同じ取引を行います、それだけシンプルな物です。プロはほぼ毎日沢山な取引を見ていますので、判断力はかなり優れています。コピートレードをサポートしている取引所で、プロのトレーダーを選び、コピートレードの条件を設定すれば、システムが自動的にそのプロトレーダーと同じタイミングで同じ取引を実行できます。

  • 仮想通貨の種類
  • 購入するタイミング
  • 絶妙な価格設定
  • 見分けるプロの目利き

メリットは?

  • 誰でも簡単に・楽に稼げます
  • 初心者もできます
  • ランキングから好きなトレーダーを選択できます
  • チャートに張り付く必要がありません

デメリット・リスクは?

  • コピートレードは基本的に他人任せの方法なので、それなりのリスクを覚悟しておく必要があります。
  • 自分の資金がそのプロのトレーダーのとまったく同じではないから、レバレッジをかけた取引で、価格が大きく不利な方向に動いた時に、そのプロトレーダーより先にロスカットされる可能性がありますので、コピートレードの条件を設定する時に、自分の資金を考慮して、余裕を持って設定する必要があります。

レバレッジ(Leverage)とは

「てこの原理」という意味で、金融業界では、借り入れを利用することで、自己資金のリターン(収益)を高める効果が期待できる取引です。例えば、委託保証金率30%の信用取引では、売買代金の30%の委託保証金を差し入れることで取引が可能となります。つまり、その場合では、最大で約3.3倍のレバレッジを効かせることができるわけです。レバレッジを効かせるということは、大きなリターンが狙える半面、リスクも大きくなりますので、十分な資産管理が求められます。

ロスカット(Loss Cut)とは

投資において一定水準以上の損失が発生した場合に、さらなる損失の拡大を防ぐため、保有ポジションを強制的に決済することをいいます。委託保証金でレバレッジをかけた取引の場合は、自己資金(委託保証金)以上の損失にならないように、システムによって強制的に保有ポジションを決済して、最低限の資金を維持することになります。

日本?世界?で信頼できる取引所は?

  • 残念ながら日本の取引所はコピートレード機能がなく、海外の取引所を利用するしかありません。
  • 当サイト調べで、2021年8月時点で、コピートレードができる取引所は複数あるが、世界最大のコピートレードプラットフォームは【Bitget】です。
  • アプリだけで入金・操作などすべて完結できるのも【Bitget】だけです。
  • 24時間サポートがあり、日本語も対応となっています。
  • APP StoreでダウンロードできるアプリはApple社の厳しいガイドラインにクリアし、Appleの担当者に承認されない限りアプリを公開する事はできません。
  • 海外の取引所は日本の取引所と比較して仮想通貨の種類が多く、取引手数料も安いです。

ここで要注意!

取引所が扱う仮想通貨の種類は純粋な取引所がリアルタイムで市場価格で取引できる仮想通貨の種類です。bitFlyerやCoinCheckなど日本の取引所は実は販売所と混在しており、2021年8月時点で純粋な取引所で取引できる仮想通貨は5種類だけで、何十種類も取引できると宣伝しているのはほとんど販売所で、販売所の買いと売りの価格差は5~10%にもなるので、つまり取引が行われる度に5~10%の手数料を販売所へお支払いしています。販売所で売買するのは絶対に避けたいです。

海外の取引所で取引をするのに注意点は?

  • 海外の取引所を使用するには、日本政府から特に制限することはありませんが、利益が出た場合税金の確定申告は忘れずに行ってください。

Bitgetとはどんな取引所なのか?

Bitgetはシンガポールに本社を置き、アメリカ / ヨーロッパ など 11各国に拠点を持っており、その国ごとに金融ライセンスを取得しているため、その点は世界最大の取引所Binanceよりも安定しています。

Bitgetグローバル化戦略は大きな成果を収め、2021年8月時点、 世界48の国や地域でBitgetの登録ユーザーは160万人程、ユーザー人数と取引総量がデリバティブ取引所全体の上位ランキングにいます。

世界で仮想通貨に特化したトップの情報サイトcointegraphはこの記事でBitgetを高く評価しています。

急成長するBitgetのグローバル化戦略、次の世界トップのデリバティブ取引所になるか? | Cointelegraph | コインテレグラフ ジャパン

Coingeckoのデータによると、世界トップセブンの契約取引所はBinance、OKEX、Huobi、Bybit、FTX、Bitget、BitMEXとなっています。日本国内の取引所bityFlyerやCoinCheckは世界規模で見ると、実は小さい取引所です。

世界的に有名な暗号資産情報サイトCoinMarketCapも、Bitgetは現在急成長・最速のデリバティブ取引所であると話しています。Bitgetの日均取引量が50億ドルを超え、Binance,Huobi以外、専門デリバティブ取引のFTXとBybitの次はBitgetと確信しています。

デリバティブ取引は操作方法が難しく、金額設定やロスカットもある為、実際は初心者が安易に取引に手を出すのはリスクがあります。Bitgetはこれを狙って、ワンクリックコピートレードとクアントスワップ契約取引を開始しました。“初心者向け”と“使いやすく簡単”の操作性を持って、すぐに人気が急上昇し、数多くの取引所を抜け駆けました。

2020年末にBitgetはグローバル戦略投資Labsを設立し、2021年4月にBitgetは分散型ウォレットBitKeepを買収、DiFi市場に参入しました。データによると、BitKeepは世界トップ3位の分散型ウォレットでユーザーは百万人超え、自然にBitgetのユーザーになると見込んでいます。同時に、ユーザーの安全意識が高まるに伴い、分散型ウォレットを選ぶユーザーはどんどん増え、これもBitgetグローバル化の重要な一環となります。

Bitgetの発表によると、今後、日本、中央ヨーロッパ、ロシアなど新しい市場に大いに力を入れる予定です。

取引を始める

当サイト(キャンペーンコード:40js)経由でBitgetアカウントを作成すると次の特典が受けることができます。

  • 取引時に発生する取引手数料が 10% 割引されます。(毎回/永続)
  • 体験金 $5 がすぐもらえます。
  • 招待者限定キャンペーンに自動的にエントリーされます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。